ポエム中心のはずでしたが、すっかりV6とポケモン濃度が上がりました(ノ▽`*)
PUSH
6666バナー1
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Others


Twitter
RECOMMEND

スポンサーサイト
2014/04/10

一定期間更新がないため広告を表示しています


金閣寺感想(ネタバレ注意★)
2012/02/03 12:45
どうも〜。
今日はPC開くのなんかめんどいんで、携帯からの投稿です(´`*)

昨日、舞台「金閣寺」観て参りました〜!
初めてです。
原作読んでおいた方がいいかな〜と思ったんですが難しくて挫折する自信があったので(←)、何の知識もないまま観ました。

それでは印象に残った所、思った所、バンバン書いて参りますよ。
いつも以上に雑です(殴)

開演10分ほど前から
徐々に登場人物が現れ初め、座ったり話をしたりしているのが何とも新鮮。
いよいよ開演という時に、主要人物たちが出てきて始まるという感じ。

目まぐるしく人が動き、道具を移動させる様子が独特。
しかもテーブルが通路になったり壁になったり、使い方が印象的だなぁと。

悪夢を見ているかのようなシーンが結構あり、トラウマになりそうな勢いだった(笑)
しかも私の座った席が2列目だったこともあり、迫力ハンパなかった。
溝口の内面のカオスさがよく伝わってきたけどね。
表情よく見えて、唾が飛ぶのも見えたしね。

溝口が吃音であるために周囲があまり受け入れてくれない中、お父さんがマジ仏だったり、鶴川がマジ天使なのが心に染みた(T_T)
でもどちらも死んでしまうのが辛すぎる。
そういえば溝口にちょっかい出された鶴川が、シャツのボタンが外れたらしく「ちょっと脱げちゃったじゃないか」が微笑ましたかったっていうか笑った。

柏木の哲学は理解しがたいんだけど、世界を変貌させるのは認識だっていうのは納得できたなと。

ラスト、溝口が「生きよう」って言ってから舞台を降り、客席に座り照明が落ちていくって終わり方がまた印象的でした。


この公演アフタートークがあり、宮本亜門さんと行定勲監督が色々お話されていました。
聞いた所によると最後の溝口の「生きよう」の時の表情は剛くんと亜門さんで何度か話し合ったそうな。
行定監督はそん時の表情にいつも引き込まれるそうな。
何とも絶妙な顔をしてるんだよね。


以上でございます。
本当に凄い舞台でございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
2014/04/10

Comment

>>美々さん

 ご覧になられましたか〜^^
 初めて行った剛くんの舞台で素晴らしい作品が観られて良かったですね☆
 また新しい舞台の話も出てくるといいですね(*´艸`)
2012/02/04 08:02 by Yuri
金閣寺、私も観ましたよ(*^^*)
ごーつんの舞台を観るのは初めてだったんですが
演技のすごさに感動しました!!
またごーつんの舞台を観に行きたくなりました☆
2012/02/03 19:20 by 美々









この記事のトラックバックURL

http://vulpi6.jugem.jp/trackback/412

この記事に対するトラックバック